3.4月の健康ニュース

今回のテーマは最近話題の糖質制限ダイエットについてです!
もともとは糖尿病の食事療法として糖質制限ダイエットはとりいれられてきました。
しかし減量、体質改善を目的としたダイエット法なので健康な方でも糖質制限は取り入れられます。
糖質制限ダイエットと炭水化物ダイエットはどこが違うかわからないという方も多いと思いますが、
炭水化物とは糖質と食物繊維の合計したものですので、糖質とは炭水化物から食物繊維を除いたものをいいます。

糖質制限ダイエットがメカニズムとは、糖質を取ると血液中の血糖値(ブドウ糖濃度)が高くなり膵臓からインスリンが分泌されグリコーゲンとして筋肉や肝臓に蓄えられます。体内のブドウ糖は糖エネルギーに変換され、主に運動によって消費されます。
しかし、消費されなかった分のブドウ糖はすべて中性脂肪に変わり体内に貯蓄されるのです。
糖質を制限することによってインスリンの分泌が抑えられて、中性脂肪として体内に貯蓄されにくくなります。
つまり、糖質を制限すると「中性脂肪がつきにくい、分解しやすい」のでダイエット効果が期待できるのです!
糖質制限では、まず第一に主食(ご飯、パン、麺)は原則NGです!
主食を抜くのは無理という方もいるかと思いますが、糖質にはたばこのニコチン依存に似た依存性があるといわれており、糖質を制限することで主食を食べたいという欲は徐々に落ち着いてきます。

炭水化物はイモ類・果物・甘い飲料・日本酒・ビール・
スナック菓子などにもふくまれているので注意してください。そのかわりにたんぱく質はしっかり摂ってください!
たんぱく質まで制限すると体調不良や筋肉量の低下など体の様々な不調の原因になるので、主食を抜いても野菜やお肉、魚、大豆食品、植物油などでビタミンや食物繊維、たんぱく質、良質な脂質など栄養の偏りがないよう心掛けてください!!

持病のある方などは、かかりつけのお医者様と相談して挑戦してみてください!